禁煙初心者がタバコをやめる方法

禁煙初心者がタバコをやめる方法とコツを管理人の実体験をもとに紹介しています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は「タバコ病」




COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、日本では500万人以上の患者がいるとされています。COPDは別名「タバコ病」と言われているように、COPDの患者の9割以上に喫煙経験があるので、20年以上タバコを吸っている人は大いに注意が必要です。




COPDはタバコを吸い続けることで、気管支・細気管支・肺胞の広い範囲に炎症が起こり、吸った空気を吐けなくなるなどの気流障害が起こる病気です。 主な症状は咳、痰、喘鳴、息切れなどで、タバコを吸いながら咳き込んだりしていたら要注意ですね。


* 40歳以上でタバコを吸っている、或いは吸っていた
* 咳、痰がしつこく続くことがある
* 階段を昇ると息切れがする


このような症状があったらCOPDの危険性がありますので、病院で詳しい検査をしてもらった方がいいと思います。 スパイロメトリーと呼ばれる簡単な装置で気流障害があるかどうかを診断すれば、COPDかどうかが明らかになるでしょう。


ただ、COPDは別名「タバコ病」と言われている病気ですので、とにかくタバコをやめるのが肝心です。 あなたはすでにCOPDだという可能性もありますが、これ以上症状を悪化させないためにも早く禁煙をした方がいいです。COPDは機械をつけて寝たきりになるような恐ろしい病気ですので、一日でも早く病院で診察してもらった方がいいと思います。








関連記事

| タバコ病 | 09:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://tabaco806.blog.fc2.com/tb.php/14-ee4dd9c2

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。