禁煙初心者がタバコをやめる方法

禁煙初心者がタバコをやめる方法とコツを管理人の実体験をもとに紹介しています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

狭心症と心筋梗塞という2つの虚血性心疾患




喫煙は狭心症と心筋梗塞(しんきんこうそく)を引き起こす恐れがあります。狭心症と心筋梗塞は虚血性心疾患と言われる心臓障害ですが、喫煙、肥満、運動不足、ストレスなどが原因となって引き起こされる恐ろしい病気です。




 心臓は左冠動脈(回旋枝・前下行枝)と右冠動脈に分かれていますが、さまざまな要因によって左冠動脈や右冠動脈が狭くなったり詰まったりすることがあります。 安静時に起こる冠動脈のけいれん、運動時に起こる動脈硬化が原因で血流が悪くなり、心臓の筋肉に十分な血液が行き渡らなくなると狭心症や心筋梗塞の発作が起こります。


狭心症と心筋梗塞の大きな違いは何かというと、基本的に前者が血管がせまくなるのに対し、後者は血管がつまるのが特徴です。 特に肥満体質で運動不足の方は、血液中のコレステロールが多くなり血管の壁にアテロームといわれる物質が形成されやすくなるため、血管がつまる確率が高くなります。狭心症は心機能が回復しますが、心筋梗塞は心機能が低下するため死に至る危険性が高くなります。





痛みは主に胸の中心に起こりますが、あご・喉・左肩・胃・歯にも起こるケースがあります。
息切れ、呼吸困難、吐き気、強い疲労感など痛みのない症状もあるので、狭心症や心筋梗塞と気付かないケースも考えられます。
自分自身では判断が付きにくいため、せめて半年に一度位は病院で心電図を撮るように心がけて下さい。







関連記事

| がん・心臓・脳の病気 | 09:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://tabaco806.blog.fc2.com/tb.php/11-aef8e2ef

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。